四季の自然を楽しむパーク

日本には四季があります。でも、温帯に属する国であればどこでも四季はあるんですよね。
では何故「日本には四季がある」と、さも日本にしか四季がないような言い方をされるんでしょうか。
それは「日本ほど四季を感じ、楽しむ国はない」という意味が込められているような気がします。
かつてから日本は春には桜の美しさを、夏にはうだるような暑さを、秋には草木が散っていく物悲しさを、冬には雪の儚さを絵にしたり歌に詠んだりしてきました。
同じ場所でも、四季によって違う表情を見せてくれるので何度行っても楽しめるのも魅力ですよね。
特に日本では四季折々のイベントを盛大に楽しむ風潮もありますよね。
もちろん友達や家族と一緒に四季の移ろいを感じるのも素敵ですが、カップルなら「2度目の春」と言った風に、どれだけ2人で同じ季節を過ごしたかが2人の歴史として感じることができるのでおすすめです。
小さいものから大きいものまで、日本には沢山の公園があります。
ほとんどの公園には花や草木が植えられているので、遠出しなくてもすぐ近所の公園で十分に四季を感じることができますよ。
遊園地や水族館などの定番デートスポットも楽しいですが、たまにはお弁当を持って近くの公園で四季を感じてみるのも良いかもしれませんね。